« いよいよ発表か? | トップページ | 新元号は… »

2019年3月28日 (木)

あぶねーなー

天気 晴れ午前中強風

今日も強風。
 
 
さて。

帰り道なんだけど、とても狭い道路を通るのだ。

左折・直進レーン、右折レーン、対向車レーンの3車線の交差点。

僕は右折しようと交差点に入りかけたとき。

隣で左折するワンボックスカーが近寄ってきやがった。

でかい車は曲がる時に反対側に膨らんで回ろうとする。狭いんでぶつかりそうになったよ。
 
 
左折のときは自転車やバイクを巻き込まないように左によって曲がるもんだろーがー。
膨らむな。

以前、前の車、右折するんだろうなと思ったら左折するために膨らんだときはぶつかりそうになったよ。
 
 
 
 
さてさて。

信号のない横断歩道で、止まって歩行者を渡らせるか率ってのが発表になったとか昨日ニュースかなんかでやってました。

横断歩道は歩行者優先は当たり前

なんてカッコつけて言うやつもいるだろう。


しかーし。道路は危険がいっぱい。

たとえば。昨日、歩いていたら急ブレーキの音が。
横断歩道に人がいたので車が停車。それに気づくのが一瞬遅れて後続車が急ブレーキ!
後続車が追突するカモしれない。

運転手の左に歩行者がいたので止まり、お礼のお辞儀をしつつダッシュで横断歩道を駆けたら対向車が気づかず、止まれずひいてしまうカモしれない。
反対車線からは歩行者は、まず見えない。

下手に車を止めて渡らせると、歩行者はダッシュで渡ろうとする。
なら、自分が過ぎたら他に車がないときは止まらず通過したほうがゆっくり渡れるってこともある。

全ては「安全に歩行者を渡らせること」なので、簡単に横断歩道は~なんて言わないでほしいよ。
 

|

« いよいよ発表か? | トップページ | 新元号は… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ発表か? | トップページ | 新元号は… »