« 最悪の放送 | トップページ | 8月1日か... »

2019年7月26日 (金)

Windows10 WDPファイルをJPEGに変換する方法

天気 曇り


暑いです。耐えきれません。

帰宅したら 32℃ 超えてました。


さて。


Windows10 を使い始めていますが、またも来ました WDP ファイル。

WDP ファイルはマイクロソフトが作ったらしい画像データ。


ダブルクリックすると Windowsフォト が起動して見ることができる。

その画面で編集を押すとトリミングとか、回転とか、ペンツールで書き込んだりできる。


しかし!この WDP ファイルは一般的ではないので、それを別のソフトを使って見る・編集する事ができない。

Windowsフォトで編集したデータは WDP でしか保存ができない。

ペイント や PhotoshopCC でも WDP は編集ができない。助けてードラえもーん。



誰がドラえもんだっつーの。


Windows7のときは Windows Live フォトギャラリー ってのがあって、それを使えばよかったんだけど、今はダメらしい。
一応ダウンロードはできて、動作はするらしいがセキュアの面で使いたくない。


やり方はちょっと手間だけど、何も考えずに簡単にできる方法がある。


① ペイント を起動させておく(後でもいいけど)

② WDP ファイルをダブルクリックしてWindowsフォトで画像を表示する

③ Windowsフォト(画像を表示しているソレ)で、Ctrl+C キーを押す
 (もしくは右上の ... を押し、コピー を選ぶ)

④ ペイント に切り替えて、Ctrl+V キーを押す
 (もしくは 貼り付けなどを押す)

⑤ ペイントに画像がコピーされたはず。画像がその前に表示していた画像より小さくて不要な部分がある場合は トリミング を押すと必要な部分だけになる

⑥ ファイル → 名前を付けて保存 を選ぶ

以上です。WDP ファイルが複数ある場合は ② から繰り返しです。



WindowsフォトからJPEG形式で保存できればいいんだけどなぁ。

|

« 最悪の放送 | トップページ | 8月1日か... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最悪の放送 | トップページ | 8月1日か... »