2005年11月28日 (月)

キリが無い

天気 霧のち晴れ
私の住む北上市は秋の朝にはよく霧が発生します。
霧が濃いときは橋の入口から出口(つまり反対側)が見えないときもあります。

まさに一寸先は闇の状態です。

で、何を考えているのか、もしくは知らないのか。
無灯火で走る車が結構多い。

ヘッドライトって地面を照らす物、、、としか知らない人が結構いるらしいのです。

霧や短いトンネルなど地面を照らすことが出来ない場所でも、他の車から見やすくするためライトはつけて欲しい物です。
(バイクが明るいところでもライトをつけているのが良い例です)

汁物の料理をしていて、ちょっと味見と思ってお玉に汁を入れて口元へ。
すると湯気でメガネが真っ白に。朝の霧と似たような状態。
で、味見…雲って見えないので、あちゅいお汁が大量に口の中に……

うあっちちち。

お風呂入れていたら、換気扇回すの忘れた。

今日は霧に包まれた一日だった…

| | コメント (0)

2005年11月15日 (火)

赤っ恥

天気 晴れ一時地震(震度3)
いやぁ、朝、ゆれました。6時40分くらいだったかな。
しょっちゅうあることなので、特に慌てはしないんだけど、テレビが動くピシッって音がした時はさすがにヤバイかなってテレビを押さえに行きましたよ。
横揺れというより、縦にことこと突きながらゆれてました。

で、思ったこと。あと20分眠れる・・・。


昨日の「テレビのチカラ」で、身重の奥さんと新築の家をほったらかして失踪したダンナが見つかったというのをやっていました。
見つかってよかったね、で終わると思ったら、その理由。
仕事にいきづまって深夜まで仕事をして家に帰ったら、なぜか怒られる。
もう、すべてが嫌になって失踪した。

あぁ~、世間様に「鬼嫁」「鬼姑」ばらしちゃいましたかぁ。
かげで言われるんだろうなぁ。可愛そうに。

女性様へ。
男がへこんでいる時はやさしく接してね。

追記
あぁ~。ココログは確認や保存でよくコケるなぁ。
せっかく打ち込んでも止まっちまって台無し。
しょうがないので今後はテキストエディタで入力。

さて、話はもどって。
今回の話の中にA子さん(50)というのがいて、ずいぶんな目に合っていた。

お母さんがA子さんとの電話の会話を録音していた。

お母さん:やいA子、なにいい年(50歳)して若い男をたぶらかしとんねん。
歳相応の相手をさがしなよ。すごい剣幕でした。

実は、そのA子さんが失踪したダンナに携帯を貸していたとか。その番号を教えろとせまるお母さん。
しかし、そんな虐げられた生活を送っていると知っていたA子さんは、教えない。
それから先は随分ひどいことを言ってましたよお母さん。

で、見つかったダンナの話だと、そのA子さんは全く関係なし。
相談に乗っていたイイ人のようでした。
それに対し随分酷いことを言っていましたお母さん。

あやまりの放送があるかと思ったら、ダンナが悪いみたいな閉めで終わった。
一番悪いのは、弱っている人間に対し優しく接することをしなかったお母さんと嫁にあると思うのだが。

人に対する「やさしさ」は忘れてはいけない、そうしなければ必ずしっぺ返しが来るという「良い」例でした。

うわ、またコケたココログ。どうにかしてよニフティーさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)